F335/ミミコログ!

資産形成・投資(不動産・株)の実践記録・生活情報など。40代の情報発信ブログです。

【フレイル予防】あなたは大丈夫ですか?「元気に長生き」するために「フレイル」という考え方を知る。

みなさんは「フレイル」という言葉を知っていましたか?

医療・健康に関係のある言葉なのですが、元医療業界にいたわたし、恥ずかしながら知りませんでした。

 

 

 

 

*****

実家の両親と健康セミナーへ

先日、実家の両親と「健康セミナー」に行ってきました。

親子で「資産や健康のことを考えよう」というイベントです(不動産業者主宰)。

 

父は後期高齢者、母は70代前半。

私はもうすぐ40代半ばにさしかかろうとしています。

  

「親子イベント」というと、

20代~30代くらいのパパ・ママと小さい子供のイベントをイメージしますが、

うちのような「中年の子どもと老親」対象の親子イベントというのもアリですね。

 

寿命は長くても「健康でない状態」は意外と長い

健康セミナーのテーマは「健康寿命を延ばすための予防」でした。

講師は、都内の大学病院にお勤めの女性のお医者さんです。

 

健康寿命とは、「健康上の理由で日常生活が制限されることなく生活できる期間」だそうで、2016年には、平均寿命と健康寿命の差は、男性で8.84年女性で12.35年だったそうです。

 

平均寿命と健康寿命の差

平均寿命と健康寿命の差

公益財団法人生命保険文化センターHPより

 

おもったよりも、「健康でない状態」の年月が長いですね~(特に女性)。これは気を付けないと。

 

「フレイル」という考え方とは?

 

 

それで、「健康寿命」を延ばすためにはどうしたらよいか?ということで「フレイル」という概念が紹介されました。

 

近年(日本では2014年頃)、高齢者は、病気や転倒などによって、急に要介護状態になる場合を除けば、多くの場合「健康な状態」と「要介護」の中間の状態を経て、徐々に「要介護」になっていくという考え方が出てきたそうです。

 

この「健康」と「要介護」の中間の状態を「フレイル」とよびます。

 

具体的には、身体、精神・心理、社会的側面、栄養、経済など、高齢者の状態をあらゆる側面から捉えようという概念だそうです。

参考: 健康長寿ネット

 

 

イラストAC

 

 

健康寿命を延ばすためには、「フレイル」の状態を早期発見して、これ以上「介護」の状態に近づくことを予防したり、「健康」の状態に戻るように対策をとることが大切とのことです。

いったん介護状態に近づいても、何かすることによって「健康」に戻れるっていいですよね。

 

「イレブン・チェック」:あなたは「フレイル」の兆候はありませんか?

セミナーでは、フレイルの兆候があるかどうかのチェックができる「イレブン・チェック」という紙が配られました。

イレブン・チェック

イレブン・チェック

 みなさんも、よかったらチェックしてみてくださいね。

 

*****

「はい」か「いいえ」で答えてください。

4.8.11. は「はい」、その他の項目は「いいえ」になった場合、要注意なのだそうです。

 

<栄養>

1.ほぼ同じ年齢の同性を比較して、健康に気を付けた食事を心がけていますか?

2.野菜料理と主菜(お肉またはお魚)を両方とも毎日2回以上は食べていますか?

3.「さきいか」「たくあん」くらいの方さの食品を普通に噛みきれますか?

4.お茶や汁物でむせることがありますか?

 

<運動>

5.1回30分以上の汗をかく運動を週2回以上、1年以上実施していますか?

6.日常生活において歩行または同等の身体活動を1日1時間以上実施していますか?

7.ほぼ同じ年齢の同性と比較して歩く速度が速いと思いますか?

 

<社会参加>

8.昨年と比べて外出の回数が減っていますか?

9. 1日1回以上は、誰かと一緒に食事をしますか?

10. 自分が活気にあふれていると思いますか? 

11.何よりもまず、物忘れが気になりますか?

 

いかがでしたか?

 

チェック項目の最初にも書きましたが、「はい」か「いいえ」で答えて、4.8.11. は「はい」、その他の項目は「いいえ」になった場合、要注意なのだそうです。

 

イレブンチェックの結果

わたしの場合はというと…

「要注意」に当たる項目は、5、8、10でした。

 

5.の運動は…正直なところ、運動はあまり好きではないので、これを実行するにはかなりの努力が必要です。

あ、ちなみに短距離走るのはかなり速いんです。逃げ足とか、電車に間に合わない時とか、めっちゃ速いと家族にも言われます。が、やっぱり運動は苦手…

 


 

8と10については、今は在宅で仕事をしているので、外出の機会が減るのはもっともなことです。外出の機会が減ると、私の場合は活気がでないのです。これは昔からそういう質なので、何か対策をした方がよさそうです。

 

この「イレブンチェック」というのは、簡易検査のようで、そのほかに「筋肉量」「口腔機能」「片足立ちテスト」という項目があって、より詳しくチェックできるそうです。

 

健康知識は早めにもっておいた方がいいですね

健康セミナーではこのほかに、血圧、血管年齢、骨の健康チェックもしてもらいました。どれも簡単な機器を使った簡易検査でしたが、参加者のみなさんはご高齢の方がほとんどで、すごく真剣でした。

 

私の父などは、結果に不満があったようで、同じ検査を2回も測定してもらって、テスターの方になだめられていました(^^; 

 

因みに私は、血管年齢も、骨の健康チェックも年齢相応かそれ以上の良い結果で、上機嫌でした(^^)/

 

今回のセミナーは不動産業者のイベントの一環だったので、健康セミナーとはいえ、内容はそれほど期待していなかったのですが、「フレイル」という知らなかった考え方もわかったし、血管年齢や骨の健康も測定できたし、行ってみてよかったです。

 

私自身は「高齢者」と呼ばれる年代には、まだ少し時間があるけれど、こういう知識をもつのに早すぎることはないですよね。