F335/ミミコログ!

不動産も株もすき。資産運用にはげむ主婦のブログです。

与沢翼氏の本「ブチ抜く力」を読んだ感想。

こんにちは!

いつも当ブログをお読みくださってありあがとうございます。

 

先日、与沢翼氏の新刊「お金の真理」を読んだという記事を書きました。

 www.pinono2019.com

 

新刊の「お金の真理」で学ぶところがあったので、前作の「ブチ抜く力」も読んでみることにしました。

  

 

「ブチ抜く力」が発売されたとき、周囲の方も読んでいて高評価だったのですが、私自身は与沢氏に対する「胡散臭い」という印象が抜けずに敢えて読まずにいました。

 

「ブチ抜く力」で印象に残ったことを挙げます。

  1. 何かに取り組む時は、一点集中、最短最速で結果を出す。人間は、集中は長持ちしない。
  2. 人の意見は参考にはするが、自分で調べて考えて仮説を立てて、自分の頭で考えて実行。仮説と検証を繰り返して自分なりの理論をたてて、批判や反論が出てきたら論破できるくらいに。論破できないなら自分の理屈が甘いということ。
  3. 時代の流れを読むことが大切。今、自分がやっていることが、時代の流れに沿っているか。
  4. 自分が得意なことに集中して努力や苦労をする。

という感じです。

 

一言でいえば、「自分が得意なことに集中して、その分野を学び、自分の考えをもって行動せよ。最短最速で」ということでした。

 

自分で考えて…云々は、前に読んだ「お金の真理」と通じるものがありました。

 

参考になったのは、投資家としてのモノの見方がわりと具体的に書かれていたことです。

財務諸表にのらない価値を自分で見つけるとか、私はまだその域には到底達しない…正直なところ四季報と新聞を読むだけで精一杯。

 

リップルで稼いだという部分を読んでいたら、そういえば放置している仮想通貨を見てみなくては、と思い出しましたw

 

最後の方は、今後は英語の「聞く・話す」をがんばってグローバルに取引できる人になりたい、ということと、健康で、家族(一族)の平和が一番、こんなおじいちゃんになりたい、みたいな事が書かれていました。人が丸くなったという印象です。

 

「ブチ抜く力」を読んだ後「お金の真理」を読んだら、氏の考え方や投資の変遷が見えておもしろいかもしれません。

 

     

 

 

よろしければ応援クリックをお願いします。
更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へにほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
※投資は自己責任でお願いします。