F335/ミミコログ!

不動産も株もすき。資産運用にはげむ主婦のブログです。最近は日経新聞の「超ムズ間違いさがし」にはまっています。

【家飲みメニュー】デイリーワインには成城石井のブルガリアのワインがおすすめ。夫婦2人の家飲みは赤ワインと肉と育てた「豆苗」

こんにちは!

いつも当ブログをお読みくださりありがとうございます!

ゴールデンウイークも最終日ですね。

ブログも休みモードで、「夫婦2人の家飲み」の話です。

 

目次

 

 

 

今回のデイリーワインも、成城石井で買ったものです。

前回は白ワインでしたが、今回は赤ワイン

私は白ワインが好き、夫は赤ワインが好きなので、たいてい交互で飲みます。

あ、もっと言うと私はワインよりも辛口日本酒の方が好きw

 

成城石井で買ったデイリーワイン(赤)

今回選んだ赤ワインはこちら。

「カットレヤ カベルネソーヴィニヨン メルロー」

一度、試しに買ってみて夫が「うまっ」「この値段でこの質はすごい」と言って、ここ何回かリピートしています。

 

  • 品名:カットレヤ カベルネソーヴィニヨン メルロー
  • 原産国名:ブルガリア
  • アルコール度数:14.5%

 

香りもよく、飲みやすいけれど軽すぎない、お値段がお手頃だけど(1500円以下)安っぽくない、「ちょうどいい」赤ワインです。

というのは、ワインに疎く節約家の私の感想。

 

私の感想だけでは、「良いワイン」と思っているのにまったく説得力がないので、成城石井のページをのぞいてみると…実はすごかった!偶然選んだのにラッキーでした。

 

追記:夫の感想「チョコレートの風味がやや強くすこしベリーの香りも。カリフォルニアワインのナパバレーに通じるものを感じる」そうです。なんのこっちゃ(笑)

 

 

 

ブルガリアは、ワインの産地として注目度上昇中らしい

「ブルガリア」は、ワインの産地として世界で注目度上昇中のようでした!

 

“ワイン”といえば、フランスやイタリアなど生産量の多い西欧の国が有名ですが、実は隠れた名産地として東欧が今注目を集めています。その中でも、ブルガリアはワイン造りにおいて長い歴史を持ち、世界最古のワイン醸造・輸出国のひとつです。近年では、1991年にワイン産業が民営化されたことをきっかけに国外からの投資やEUなどからの融資を受け、近代的なワイナリーが誕生。ワインづくりに適した自然環境のもとで上質なワインが続々と登場しており、年々注目度が高まっています。その味わいは、ヨーロッパ産の持つ“引き締まった酸”とニューワールド産の持つ“豊かな果実の風味”の両方の長所を兼ね備えているのが魅力です。

成城石井HPより引用

 

そのブルガリアで、成城石井の敏腕バイヤーさんが優良なワイナリーをみつけ、ブルガリアから初めて「自社輸入」を実現したようです。これって、すごいことみたいですよ。

 

当社の酒担当バイヤーも3年以上前から注目しており、“繊細な好みを持つ日本のお客様にも受け入れていただけるのではないか”と、これまで数々のワイナリーを探し歩いてまいりました。そしてこの度ブルガリアの優良ワイナリー「エンジェルズ エステート」から、探し求めていた“酸と果実の風味のバランスの取れた食事のおいしさを引き立てるワイン”と出会い、同国から初めて成城石井自社輸入として導入することに。

成城石井HPより引用

 

ワイナリーの名前は、「エンジェルズ エステート」

このワイナリーから「カットレヤ」「エンジェル」「スタリオン」という3シリーズが成城石井で売られているそうです。

 

それぞれ特徴があり、「カットレヤ」は、ワイナリーが成城石井のためだけにつくった特別ブレンドだそう。

 

特に「ブルガリアワインを初めて飲む日本人」におすすめなんだそうです。

これ、私のことだ!

 

今回わが家が買った「カットレヤ カベルネソーヴィニヨン メルロー」の「プロによる」解説はこちらです。

カベルネソーヴィニヨン60%、メルロー40%で造られ、

豊かな果実の風味とエレガントな酸のバランスが心地良い味わいの赤ワインです。お肉料理全般と相性抜群です。バイヤーいち押し。

成城石井HPより引用

 

「豊かな果実の風味とエレガントな酸のバランスが心地よい味わい」とのこと。

ただの「飲みやすい」ではありませんね(笑)

 

「カットレヤ カベルネソーヴィニヨン メルロー」と「家飲みメニュー」

「お肉料理との相性抜群」ということで、この時の「家飲みメニュー」はこちらです。

 

  • 牛タンステーキ
  • キノコとズッキーニのアヒージョ
  • サラダ

そう、肉との相性抜群でした!

 

サラダに「育てた豆苗」

牛タンステーキは、2019年のふるさと納税の返礼品です。1万円の寄付金で1200g以上もいただきました。ありがたい。

 

塩レモンドレッシング+わさび

ニンニクステーキソース

市販の焼肉のタレ

 

でいただきました。

どれも、よく合いました。

 

アヒージョは、お得意の?シーズニング「アヒージョの素」を使いました。

オリーブオイルに粉を混ぜて、材料入れて煮るだけです!

らく~。

 

サラダはいつものレタス以外に、「育てた豆苗」を使いました!

 

10日育てた様子↓

収穫↓

サラダに使いました!

豆苗をサラダに使うのは初めてでした。

 

「カイワレ大根」とほとんど同じな味と食感でした。

レタスとよく合いました~。おすすめです。

 

いつものサラダに変化を加えたいときにまた使いたいと思います。

ただいま豆苗2日目栽培中です!

 

「シメ」は「ガーリックライス」!

牛肉好きな義理の実家(神戸です)では、焼肉の後のガーリックライスが大好きだったそうです。

ガーリックライスって、雑に作っても美味しくなるからすごいですね。

作り方

① 残った汁やたれを全て混ぜて加熱する

  • 牛タンステーキの残りの「肉汁」
  • ステーキを食べる時に使った「ガーリックステーキソース」「市販の焼肉のタレ」「塩レモンドレッシング(練りわさび入り)」
  • アヒージョの具を食べた後のオリーブオイル


②刻みニンニク(うちは桃屋)を混ぜる。

③ご飯を入れて炒める。

④冷凍刻み葱で彩りを添える。黒コショウをふったらさらにスパイシー!

 

まとめ

今回は、成城石井で買ったデイリーワイン(赤)はブルガリア産で、日本人の好みに合わせた成城石井特別ブレンドだったということを書きました。

飲みやすくて美味しかったのでおすすめです。お手頃でうれしい(重要w)。

 

2019年ふるさと納税の返礼品でいただいた「牛タンステーキ」も美味しくいただきました。ワインともよく合いました。今年も忘れずに、ふるさと納税しないと。

 

豆苗を育ててサラダにして食べてみたら、「育てた野菜を食べるって意外と楽しい」とおもいました。

こんどはスイートバジルも育ててみたいです。

観葉植物さえ育てられない面倒くさがりの私ですが、できるかな(^^;

 

 

 

成城石井の白ワインで家飲みという記事は、こちらです。 www.pinono2019.com

 

楽しておいしい。助かってます。使ったアヒージョの素はこちらです。

Amazon 

楽天

www.seijoishii.co.jp

 

記事で引用させていただいた成城石井のブルガリアワインについてのプレスリリースはこちらです。

 

※投資は自己責任でお願いします。
よろしければ応援クリックをお願いします!更新の励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へにほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ