F335/ミミコログ!

資産形成・投資(不動産・株)の実践記録・生活情報など。40代の情報発信ブログです。

不動産投資セミナー受講:川村龍平氏「純資産10億 借金0までの道筋」

不動産投資の業界では有名な「東京築古組」代表の「川村龍平氏」のセミナーを受講しました。

 

印象に残った点、重要ポイントをシェアしますね!

 

f:id:fknmmk:20190728131426j:plain

 

目次

 

CFを明らかにしてから買う

 

 

 

投資用物件を買う前に、ローンを組んでいる全期間のCFを明らかにすること。この時、税金等のあらゆる経費も含めて、手元に残るお金を計算することが大切とのことです。

 

業者が提示するCF表を信じてはだめ、ということはよく言われることですが、さらに、ローンを組む全期間(20年、30年とか)のCF表を自分で作って、それでも利益が出る物件を買うようにということでした。

 

私は新築ばかりなので、事前にCFを正確に知ることは難しいですが、中古を買うときはぜひやってみようと思いました。CF表を作って、納得がいくまでは買わないことが大切ですね。

 

買った後の物件についても、今すぐ、ローン全期間のCF表を作り、利益が出ていなかったり、黒字倒産しそうな時期が分かったら、その対処法を今すぐ講じるように、とのことでした。

 

繰り上げ返済をして、ローン期間を10年まで縮めることができれば、だいぶ安心できるそうです。

 

また、経費を極力抑えて手残りを増やすことが大切で、川村先生の経費率はなんと、家賃収入の10%未満だそうです。一桁は無理にしても、10%台に抑えることが重要だそうです。

 

 

純資産はいくらなのか?を常に把握する。

 

 

 

毎年、お正月に、物件ごとに「純資産はいくらなのか」を明らかにしておくことが大切とのことです。

「お正月に」というのは、「これから一年がんばるぞ」という精神的な意味もありそうですが、年末に色々な数値が明らかになるので、ちょうどよい時期という意味があります。

 

ここまでやるか!という点は、年末年始時点の「売却見込み額」を出して「売却時譲渡税」も計算するということです。今、いくらで売れるかについては考えたことがありますが、譲渡税までは考えていませんでした。

 

現在の残債と売却見込み額を知ることで、純資産を知り、今後の方針が立てやすくなると思います(売却見込み額をどうやって知るかと、資産の計算方法が色々あってどうしよう…というのも、いつも悩むところですが)

 

よく不動産投資のセミナーや書籍では、「資産〇〇億!」などと煽る広告が多いですが、大事なのは「純資産」。これは私もいつも考えていることで、川村先生のセミナーを聞いて大いに共感しました。

 

毒舌だけれど温かみを感じます。

 

 

 

川村先生のセミナーを受講するのは今回が2回目でした。

今回も、「〇〇な人はクズ!」とか「あれは絶対ダメ!」とか、他にも文字にしたら「え??( ゚Д゚)」というような発言も多々ありましたが、それでも納得することばかりで痛快、そして、どこか温かみを感じました。

 

セミナーでモチベーションが上がっているこのタイミングで、全ローン期間のCFを調べてみようと思います。