F335/ミミコログ!

コロナ禍で家にいたら日経新聞の「超ムズ間違いさがし」にはまりました。

スポンサーリンク

日経新聞2022年12月31日付 脳活 超ムズ 間違いさがし 「除夜の鐘」篇。

スポンサーリンク

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

昨年12月は、まさかの大みそかに間違い探しが掲載されましたね。

大みそかは、おせち料理と年越しそばの準備で、解く時間がほぼなかったので、年が明けてから解いてみました。

 

そんな昨年最後の問題はこちらでした。

2022年12月31日付 日経新聞 脳活超ムズ 間違いさがし「除夜の鐘」篇

 

テーマは「除夜の鐘」。

まさに年末のテーマでした。

お正月に解くにはちょっと…ですが、忙しい大人には仕方ありません(^^;

 

スポンサーリンク  

 

 

 

除夜の鐘といえば、大みそかの23時45分からNHKテレビで放映される「ゆく年くる年」の風景を思い出します。

私自身は、夜中に除夜の鐘をつきに行ったことはないのですが、なぜかあの「ゆく年くる年」の情景が好きなんですよね。

 

今回は、元旦の朝にお雑煮とおせち料理をいただいた後に、解いてみました。

少しお酒も飲んだせいか、頭がぼーっとして、いつもよりも集中できませんでした。

 

その結果、大みそかの家事の合間に2ヶ所見つけた後、元旦に60分弱かけて、合計8個見つけました。

今回も、見つけた順番に挙げてみますね。

 

1.画面右端の男の子のズボンのひざ宛ての位置

2.画面右端の男性のスマホカメラに映った画像

3.画面左端上部の雪の位置

4.画面右端のくすんだピンク色の帽子の膨らみ方

5.画面中央下のウサギのリュックの肩紐の傾き方

6.画面右側の男の子のオレンジ色のジャンパーのジッパーの上がり方

7.画面左側の眼鏡の男性の上着の襟の大きさ

8.オレンジ色のジャンパーの男の子の頭上のお札の位置

 

…今のところ以上です。

2022年最後の問題も、やはり、粘っても最後の一つは見つかりませんでした。

今回は、細かい部分ばかりに目がいって、大まかな部分を見逃しがちだったので、意外と最後の1ヶ所は、ぱっと見て分かるような場所かもしれないですね。

でも見つからないのが、この問題の難しいところです。

 

今回は、新年最初のブログ記事に、昨年末最後の問題を解くという少々おかしなことになってしまいましたが、まあ、それもアリということで!

 

 

スポンサーリンク  

 

 

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

最後に、見つけた間違い箇所に印をつけた画像を掲載しますので、よかったら参考にしてください。

 

2022年12月31日付 日経新聞 脳活超ムズ 間違いさがし「除夜の鐘」篇 回答例

 

*****

追記

 

その後、夫が最後の一つを探してくれました。

…ほんま、ないんちゃうか?と言いながら、40分くらい粘り、やっと見つけてくれた最後の一つは…

 

9.鐘の左側の柱の梁の長さ

 

です。

いや~、これはほんと、分からないですね。

「ここ」と言われても、よく見ないと分かりませんでした。

 

その場所に印をつけますと…

※追記・2022年12月31日付 日経新聞 脳活超ムズ 間違いさがし「除夜の鐘」篇 回答例

ここです。

右の絵の方が、左の絵よりも、梁の部分が短いですね。

 

これで、2022年最後の問題は、9個すべて見つけてすっきりしました!

 

 

 

 

スポンサーリンク