F335/ミミコログ!

生活情報、お金の知識、投資など…40代の情報発信ブログです。

日経マネー10月号は充実の内容「配当生活入門」!雑誌を熟読するって珍しいかも。

少しずつ秋の気配になってきましたね。

この調子で過ごしやすい季節になってほしいです。

目次

 

 

「日経モーニングプラス」の高配当株についてのコメント

今朝の日経モーニングプラスという番組で、「最近、日本株の配当利回りが高くなっている」という旨のコメントがありました。

 

コメンテーターの方によると、「日経225銘柄のうち100銘柄くらい(←うろ覚え)が配当利回り5%を超えている」とか。

 

私のような素人は、こういうことを聞くと「お!今がチャンス!」と思ってしまいます。

 

しかしコメンテーターの方によれば、

 

「配当利回り=年間配当金÷現在株価なのだから、配当利回りが上がっていても単純に喜べない。企業の業績悪化で株価が下がっていることが原因かもしれないし、そうすると、減配の可能性もあるので注意」とのことでした。

 

…というようなことが、やっと理解できるようになったのは、最近、「高配当株(日本株)」に興味をもって調べているからです。

 

 

 

日経マネー10月号の特集は憧れの「配当生活」!

今、調べるのにとても役に立っているのはこちらです!

日経マネー10月号

 

特集は、憧れの「配当生活入門」

配当生活を実現している人たちの株売買の基準、考え方や、専門家たちの考え方が詳しく解説されています。

 

これらを細かく読んでいるうちに、企業の業績、利益の分配、配当、株価の関係がだんだんと分かってきました。ものすごく勉強になります。

 

そして次第に、「自分が買うとしたらどうする?どういう基準にする?」と考えられるようになってきます(←期待半分。あともう少しでそうなれそう)

 

読んでいて思ったのは、配当生活を実現している方たちは、「資金管理をきちんとしている」ことと、「自分の考えをしっかりと持ってブレない」ということです。

 

 

 

雑誌とはいえ内容はすごく充実しています。

あまりにも勉強になるので、雑誌なのに、赤ペンで線を引いたり、付箋をつけたりしながら読んでいるので、1日に2~3ページしか進みません。この調子では、1か月たっても読み切れないかもしれません(^^;

 

夫に話したら、「ぜんぜん進んでないじゃん」と言われましたが、その分内容が身について、お値段以上の価値を得えているように思います。

 

雑誌って、ふつうは熟読するものではないかもしれないけれど、じっくり読んでみると、とても充実した内容が書かれていて、これは読まないともったいない!とおもいました。こういう読み方もアリですね。

 

今にも飛びつきたくなる「高配当株ランキング」みたいなページもありますし、お時間のある方はこの週末にでもチラ見してみてくださいね。

 

 

日経マネー 2019年 10 月号

日経マネー 2019年 10 月号