F335/ミミコログ!

不動産も株もすき。資産運用にはげむ主婦のブログです。最近は日経新聞の「超ムズ間違いさがし」にはまっています。

不動産投資で1棟目を買った時、どのように不動産会社を決めたのか?という思い出話。

こんにちは!

いつも当ブログをお読みくださってありがとうございます!

 

豆苗7日目。気温が高くなり成長が早くなったようです!

目次

 

 

一棟目を買う会社をどのように決めたのですか?

大家さんの会やマネー系の勉強会に行くと、これから収益不動産を買いたい、ただ今勉強中という方とお話することがあります。

 

その時、私が1棟目を買った不動産会社さんの名前を言うと、「どうしてその会社にしたのですか?」「そもそも、どうやってその会社を見つけたのですか?」と聞かれることがあります。

 

今回は、私が1棟目を買った不動産会社に出会った時の体験を書きます。

 

スポンサーリンク

 

 

有名な不動産会社の説明会に行った

私の場合、不動産投資は都内の中古区分ワンルームマンションから始まりました。

途中で方針変更をして、一棟もの(一棟アパートとかマンションのこと)にしました。

 

一棟ものを探すにあたり中古か新築かで迷うところですが、当時は(今も?)、新築も中古も利回りにあまり差がなかったので、新築を探しました。

 

新築を探す時、どうしたかというと、まずは色々な話を聞きに行こうということで、夫と色々な不動産会社の説明会やセミナーに行きました。

誰もが一度は名前を聞いたことがあるような有名な会社がほとんどです。

 

例えば、数年前に有名なサッカー選手をCMに起用していた会社とか、いまもテレビCMをうっている「〇ノケ〇」、レオ〇レスに関連があると言われる華やかな会社とか…。

もちろん、買いませんでしたが。

 

ランキングを見つけて問い合わせた

色々な会社で説明を受ける中で、ある会社で、不動産賃貸業界の専門の新聞を見せていただきました。

その中でたまたま「首都圏で業績のよい不動産会社ランキング」というような記事(詳しい内容は忘れました)をみつけ、ランキングに入っている会社をメモし、その後、一つ一つ問い合わせたり、見学に行ったりしました。

 

問い合わせた会社の中で、堅実で歴史が長い(=経済の波を乗り越えている)会社が良さそうだと思い、一棟目の会社を決めました。

(決めるまでの間、メモした会社以外にも、インターネット等で見つけた色々な会社に問い合わせました)

 

今思うと、あの時、新聞記事を見つけ、ランキングを頼りに会社を探すという行動をしなかったら、別の会社にしていたかも知れません。

めぐり合わせというのは、不思議なものですね。

 

スポンサーリンク

 

 

他の人はどうしているの?

うちよりも1年ほど後に、1棟物の不動産投資を始めた方の例も挙げます。

 

その方は物件を探す前に銀行に行き、どのくらい融資が受けられるかを相談に行ったそうです(もちろん、銀行担当者は「紹介」)。

 

おそらくかなり属性の良い方だったのでしょう、その場で、銀行の担当者から物件を紹介してもらえたそうです。

 

その後、ご自身で本当にその物件で良いのかをしっかり調べて、決断されたとのことです。

かなりトントン拍子です。すごい。

 

その方の場合は、銀行の担当者との出会いがあり、その担当者が紹介できる物件をもっていたという、ちょうどよいタイミングが重なったとも言えますね。

 

きっかけは人それぞれ。やって良かったことは。

そんなわけで、1棟目を買う会社を決めるきっかけは、ほんとに人それぞれですね。

 

それを言ったら身も蓋もありませんが、今思い返すと、とりあえず、目についた良さそうな会社に問い合わせて、色々な話を聞いたり見たりしてよかったな~とおもいます。

そうする中で、信頼できる会社を決める、という感じでしょうか。

 

色々な会社をのぞけるし、色々な営業の方がいておもしろいし、色々な場所に行けるし、社会科見学のようで楽しかった!

コロナが落ち着いたら、またあちこち出向きたいものです。

 

スポンサーリンク