F335/ミミコログ!

不動産も株もすき。資産運用にはげむ主婦のブログです。最近は日経新聞の「超ムズ間違いさがし」にはまっています。

住所しか分からない不動産の謄本を少ない手間で取得する方法は?

こんにちは。

いつも当ブログをお読みくださりありがとうございます!


 

先日、気になる物件がいくつかあり、謄本を取り寄せました。


 

 

 

目次

 

 

謄本はインターネットで請求して郵送

最近、不動産業者さんに問い合わせる前に、自分で謄本を取り寄せることにしています。

業者さんにコンタクトをとると、自分の気持ちが固まる前に、しつこくあれこれ聞かれて大変なので、自分でできることは自分で調べるようにしています。

 

既にご存知の方も多いと思いますが、謄本は法務局に行かなくても、インターネットで請求して郵送してもらうことができます。

 

法務局のサイトからとぶことができますが、「登記ねっと」を利用します。

www.touki-kyoutaku-online.moj.go.jp

 

 

「住所」から「地番」を知る最も楽な方法は?

謄本を取るには、「住所(住居表示)」ではなく「地番」が必要です。

今回は、「地番」が分からなかったので、住所から地番を知る方法を調べました。

 

 

 

 

① 法務局に電話をして問い合わせる。

② 公図を取得して調べる。

③ ブルーマップで調べる。ブルーマップとは、住宅地図に地番の情報がのっている地図です。国会図書館や法務局にあったり、地方自治体の図書館にある場合もあるそうです。

登記情報提供サービスというのもあり、ここで「地番検索サービス」を利用する方法もあります。

www1.touki.or.jp

 

…と、色々調べてみて、③の登記情報提供サービスに登録しようと、さらに調べたのですが…

 

結論を先に書きますと、結局「法務局に電話して聞く」が最も簡単!でした。

 

どうして、さっさと法務局に電話しなかったのか。

それは、電話口で、地番が必要な理由を聞かれるのではないか?と恐れていたからです。その不動産の履歴を知りたいだけなので、悪いことをしているわけでないのですが、根掘り葉掘り聞かれたら心情的にいやだな、と思って恐れていました。

 

というようなことを夫に言ったら、「理由なんて、個人情報なんだから聞いたらダメでしょ。聞かれないんじゃないの?」と言われました。

言われてみれば、その通り。聞かれる理由はないですよね。

 

 

ということで、法務局に電話しました。

結論から言うと、「拍子抜け」でした。

 

係の方が電話に出たので、私がかしこまって「あの~、地番を教えていただきたいのですが…」と言っているそばから、

 

「住所をお知らせください」「戸建ですか?何階建てですか?」と機械的に聞かれ、

 

少し待たされたのちに、機械的に地番を教えられ、

 

終了。

 

…でした(@_@)

 

2箇所の法務局に電話をかけたのですが、どちらも同じように機械的。

教えていただきたいんですけど~なんて、前置き一切必要なし。さっさと住所言って、みたいな。

 

というわけで、法務局に電話して地番を聞くなんて躊躇する、という方がいたら、「躊躇する必要はまったくなし!ということをお伝えします。

 

 

 

「登記ねっと」で支払う時に楽な方法は?

 

「登記ねっと」で支払う時、①銀行のインターネットバンキングを通じて支払う方法と、②ペイジーで支払う方法 があります。

 

「インターネットバンキングを通じて支払う」を選択する場合、提携金融機関を選ぶ選択画面に遷移するようなのですが、パソコンの設定によっては遷移しない場合があります。私の場合も、推奨環境である「インターネットエクスプローラー」を使っていなかったためか、うまく遷移しませんでした。うまく遷移するには、「ポップアップ画面」の設定をいじらなくてはならないようでした(このあたり詳しくありません)

私には難しいので、「登記ねっと」の窓口に問い合わせたところ、「金融機関のインターネットのサイトからペイジーの支払いができますよ」と教えていただきました。

 

金融機関のインターネットのページをよくみると、ありました!

 

「ペイジー料金払い込み」のボタン!

 

謄本の取得を申請すると、写真のような画面が出てくるので、そこにある「収納機関番号」等を入力すると、簡単に支払いが完了します。

 

 

私は、インターネットバンキングの方が楽だと思っていたら、パソコンの設定などがあってかえって手間がかかりました。

一方で、ペイジー料金支払いの場合は、収納機関番号や納付番号等の入力はありますが、手続き的にはとても楽なことが分かりました。

 

ということで、支払いは「ペイジー料金払込み」の方が楽でおすすめです!

 

 

謄本を取得する手間の少ない方法のまとめ

謄本を手間を少なく取得する方法をまとめると、

 

① 法務局に電話して地番を聞く。

② 登記ねっとで、検索して登記簿を取り寄せる。

③ 支払いはインターネットで「ペイジー支払い」が楽。

 

です。

ちなみに、請求した翌日に登記簿が封書で届きました。

すごい早さです!

よろしかったら、お試しくださいね。

 

 


 

 

河口湖の貸別荘&バケーションレンタルならtocovel.com

参考になるブログがたくさん!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へにほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
※投資は自己責任でお願いします。