F335/ミミコログ!

不動産も株もすき。資産運用にはげむ主婦のブログです。最近は日経新聞の「超ムズ間違いさがし」にはまっています。

【むせやすい食べ物】高野豆腐って意外とむせやすいという話とその理由。

こんにちは。

いつも当ブログをお読みくださりありがとうございます!

 

今回は、かつて医療現場で働いていたことを思い出して、食べ物を飲み込むときの「むせ」について書きます。

 

ご家庭で高齢の方のお食事を用意されている方などに、少しでも参考になれば幸いです。

    

 

 

目次

 

高野豆腐は意外にもむせやすい 

介護食の情報を見ると、「むせやすい食べ物一覧」が載っていることがあります。

 

そこには、サラサラした水分(水やお茶)や、パサパサしたパンなどが、よく挙げられています。すっぱいもの(酢の物)などもむせやすいです。

 

さて突然ですが、あなたは「高野豆腐」は好きですか?

私は大好きですが、この「高野豆腐」は、よく「むせやすい食べ物リスト」に挙げられます。

 

高野豆腐の煮物って、柔らかくて出汁が効いていて、高齢者の食事にぴったりという気がしませんか?

ところが、先にも書いたように、高野豆腐は、意外にも飲み込みづらくむせやすいのです。私も学生の時に知り、その理由が印象的だったのでご紹介します。

 

飲み込みのプロセス

食べ物を口に入れて、飲み込むプロセスは、下の図の青い矢印のようになります。

 

 

日野市HPより

 

例えば、ポテトサラダを飲み込むことを想像してください。

ポテサラは、ねっとりして、口の中でよくまとまります。

 

 

ポテサラのようなまとまった形の食べ物を口に入れて、噛んで、のどの奥に送り込まれると、咽頭という部位を境に「気管」と「食道」の分かれ目にきます(上の図参照)。

 

その瞬間、反射的に「気管」への通り道がふさがれて、ポテサラは「食道」の方に送り込まれることによって、無事に飲み込み完了となります。

間違って気管に入ってしまうと「むせ」たり「誤嚥(ごえん)」したりします。

 

この「気管」への通り道がふさがれるタイミングが重要です。

 

歳をとったり病気になったりすると、気管への通り道がふさがれるタイミングがずれやすくなり、ムセたり誤嚥しやすくなります。

  

まだ「気管」への通り道が、ふさがり切れていないのに、食べ物が通過してしまうと、食べ物がうっかり気管にはいって、むせたり、誤嚥したりします。


「高野豆腐」を飲み込む場合 

ではここで、「高野豆腐の煮物」を飲み込む状況を想像してください。

 

高野豆腐を口の中にいれて噛むと、じゅわっと出汁が出てきます。

この時口の中には、高野豆腐の塊と出汁が混在します。

 

出汁は、さらっとした液体

高野豆腐は、固体

 

喉を通過するスピードは、固体(高野豆腐)に比べて、さらさらした液体=出汁の方が速いです。

 

そのため、何かの拍子に、だし汁だけ先に喉の奥に流れてしまうことがあります。

 

すると、気管への道がふさがれる準備ができていない状態で、だし汁だけ先に喉を通過するため、だし汁が気管の方に流れてしまい、むせたり誤嚥することになってしまいます。

 

分かりづらいですが…まとめると、「高野豆腐(固体)」と「だし汁(液体)」では、

喉の奥からその先に送り込まれるスピードが違うので、先に流れた液体が気管に入ることがあり、むせやすくなるといういことです。

 

この「食べ物が喉を通過する時のスピードの違い」というところに、学生の私はとても驚き、今でも印象に残っています。

 

形状の異なるものが混在した料理

今回は、少しマニアックな話になりました。

もし、日ごろ高齢の方のお料理を作っている方や、最近むせるな、と思っている方がいらしたら、 「液体と固体」のように、形状の異なるものが混じっているお料理を作ったり食べたりするときに、「むせやすいかも?」と気にとめて頂ければとおもいます。

気にとめるだけでも、多少はムセを防ぐ助けになるかもしれません。