F335/ミミコログ!

不動産も株もすき。資産運用にはげむ主婦のブログです。最近は日経新聞の「超ムズ間違いさがし」にはまっています。

SBI証券かマネックス証券か?初めての米国株購入!の準備をした話

こんにちは。

今日は昼食後の運動に散歩にもいかず、一歩も外に出ませんでした。

運動不足…ですが、昨晩から家でラジオ体操を始めたので、良いことにします!

 

さて、本題は、初めて米国株を購入してみよう!という話です。

 

目次

 

 

米国株投資を始める理由

時間のあるこの時期に、一度はやってみたかった米国株投資を始めることにしました。

「米国会社四季報」も初めて買いました。年に2回、春と秋に発売されるそうです。

 

今は世界的に経済が混乱していますが、何といっても世界経済の中心は(少なくとも今までは)アメリカだと思いますし、米国株はなんといっても高成長・高配当が魅力です。

 

米国株に限らず、外国株は、為替と(日本株よりも)銘柄に関する情報を得づらいというハードルがありますが、株価が下がっている今、小額で始めるには、ちょうどよいタイミングなのではないかと思っています。

 

どの証券会社にするか。

 

日本株取引を始める時に、マネックス証券とSBI証券で外国株口座も開設してあったので、この2社を比較しました。

ざっとみたところ、2社の違いは次の通りです。

 

マネックス証券
  1. 売買手数料:約定代金の0.45% 最低手数料0米ドル(無料)・最大20米ドル
  2. 円貨から直接、米国株の購入可能
  3. 為替手数料:買付時0円、売却時25銭/1米ドル
  4. 取扱い米国株銘柄3600銘柄以上
  5. 初回入金から20日間、米国株取引手数料最大3万円キャッシュバックキャンペーン中

 

SBI証券
  1. 売買手数料:約定代金の0.45% 最低手数料0米ドル(無料)・最大20米ドル
  2. 円貨から直接、米国株の購入可能
  3. 為替手数料:片道25銭/1米ドル(ただし、住信SBいネット銀行の外貨預金口座からSBI証券口座に入金すれば片道4銭で両替可能)
  4. 取扱い米国株銘柄3300銘柄以上
  5. 貸株サービスあり

 

メリットの比較

 

スポンサーリンク

 

 

マネックスとSBIでは、それほど大きな差はありませんでした。

あとは、自分にとってどちらがメリットが大きいかによります。

 

私の場合は、メリットを比較すると次のようになります。

 

SBI証券にした場合のメリット
  • 日本株でSBI証券を使っているので使い慣れている
  • 貸株制度がある
マネックス証券にした場合のメリット
  • 買付時の為替手数料がゼロ
  • 初回入金時から20日間、手数料のキャッシュバックキャンペーン

 

になります。

SBI証券の「貸株制度」は有名なようですが、私はまだ、日本株でさえ利用したことがありません。今回、調べてみて面白そうでしたが、米国株を買ってみるだけで精一杯なので、今回は見送ることにしました。

 

一方、マネックスの「買付時の為替手数料がゼロ」というのは、初心者には魅力です。

今回は、米国株の配当の高さに魅力を感じて買うので(今後の情勢によっては減配や配当なしもあり得ますが)、長期保有する予定だからです。

 

というわけで、初めての米国株はマネックス証券で購入することにしました。

 

買付を楽しみに

すぐに、日本円→米ドルに両替する手続きをしました。

両替の手続きはすぐに完了しましたが、米国株の買付余力に反映されるには、時間がかかるようで、すぐには買付できませんでした。

 

初めてのことは一つ一つに時間がかかって「一気にやってしまいたいのに」とも思いますが、まあ、気長に、買付を楽しみにしたいと思います。

 

 米国会社四季報は書店ではあまり売っていないようです。

Amazon

楽天

 

 

スポンサーリンク