F335/ミミコログ!

不動産も株もすき。資産運用にはげむ主婦のブログです。

【不動産投資おすすめの本】ロバート・キヨサキ氏「金持ち父さんのセカンドチャンス」読了:家にいる時間に「読むのに時間がかかる本を読む」

 こんにちは。

 

久しぶりの投稿になりました。

久しぶりにブログを見てみると、みなさん家にいる時間が増えたためか、毎日更新されている方が増えていました。

毎日書くってすごいです( ゚Д゚)

感化されたので、私も書こうかしら←単純。

 

目次

 

 

年初の予定・目標を変更しようかな。

気付けば3月ももうすぐ終わり、2020年も4分の1が過ぎてしまいますね。

年初に今年の計画や目標を立てた方は、予定通りに進んでいるでしょうか。

 

私も含め、年初は想定していなかった新型コロナウィルスの影響で、思ったように進んでいない方も多いと思います。

 

新型コロナウィルスのほかに、私の場合は1月末頃に、想定外に少々気になる体調不良になったので、方針を変えないといけないかも、と思い始めています。

 

読了に時間がかかる本を読む:金持ち父さんのセカンドチャンス

家にいることが増えて、みなさん何をしていますか?

私は気になっていながらも放置していることをやっていこうと思っています。

その一つが、「読むのに時間がかかかる本を読む」ことです。

 

例えば「金持ち父さんのセカンドチャンス」です。

ロバート・キヨサキ著 金持ち父さんのセカンドチャンス

 

不動産投資をしている人なら多くの方が読んでいるロバートキヨサキ氏の本のシリーズです。 

 

私はこれまで氏の本は、

・金持ち父さん貧乏父さん

・金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント

・金持ち父さんの こうして金持ちはもっと金持ちになる

の3冊しか読了したことがありませんでした。

(タイトルだけ見ると、「金持ち」という単語が多すぎて少々圧迫感がありますね(^^;))

 

先日、ある方のツイッターで「金持ち父さんのセカンドチャンス」を再読するという方がいたので、すぐにメルカリで買って読みました。

 

案の定、読むのに時間がかかりましたが、シリーズ1冊目を読んだ数年前に比べて多少は知識と経験がついたのか、理解は深まったように思います。

 

ロバキヨ氏の印象が少し変わった

これまでのロバキヨ氏の本から受けた印象とは少し異なる内容でした(あくまで主観です)。

  

前の印象では、何が何でも「投資家(インベスター)」と「起業家(ビジネスオーナー)」を勧めている印象でしたが、今回読んだ本では、自分がどのクワドラントに行きたいか(&向いているか)を決めることが大切、というような趣旨のことがか書かれていました。

本に書かれる前に、「自分がどうしたいのか」とか「向いているのか」を自分で考えることは、必須ではありますけれど(^^;

 

また、ロバキヨ氏の体験談が書かれている部分では、ただのお金儲けのためのビジネスではなく、自分が魂を込めてやるべきことは何かを考えてビジネスをしてお金を得たいと思うようになったと書かれていて、これはちょっと意外。

これまでいだいていた私の中のロバキヨ氏の印象とは異なりました。

 

本の途中で、過去のロバキヨシリーズの内容について言及されているのですが(例えば、過去の〇〇という本にも書いたが、書いてある)けっこう忘れていることも多くて、このシリーズはできたら集中して読んだ方が理解しやすいかもしれません。

 

Amazon 

 楽天

 

スポンサーリンク