F335/ミミコログ!

資産形成・投資(不動産・株)の実践記録・生活情報など。40代の情報発信ブログです。

よいお天気に誘われてフラフラと物件現地見学に行った感想。

 こんにちは!いつもご訪問ありがとうございます!

 

気持ちの良いお天気に誘われて、久しぶりに物件を見に行きました。

物件見学がお天気に左右されるななんて、のんきなものです。

 

目次

 

 

 

急ぐ必要のない物件。

なぜ呑気でいいのかというと、

その物件は、地元の不動産屋さんの店頭にマイソクが貼られている物件で、もう1年以上放置されているものだからです。

 

路面店の不動産屋さんの超目立つ場所に貼られているマイソクに、アパート名と細かい住所まで書かれているので、今の時代、グーグル先生で調べれば誰でも現地に行かれてしまいます(無防備だな…私がそこの住人だったらちょっと嫌かも(^^;)

内見はできないけれど、不動産屋さんを通す前に一人で気ままに行ってきました。

  

物件にたどり着くまで

物件の最寄りは、自宅からいくつか離れたけっこう大きな駅です。

 

駅からすぐの繁華街を抜けると、予想外に高級住宅街があり、お、こんな高級住宅街にあるアパートか!と一瞬うれしくなりましたが、物件は高級住宅街を抜けてすぐのところにありました(やはりストリートビューで見た通り)。

物件周辺は、道が少し入り組んでいましたが、住所とストリートビューの予習でたどり着ける程度の分かりやすい立地。

徒歩10分以内ですが、マイソクに書かれていた時間よりは遠い印象でした。

 

 

 

建物の外観と推測。まだビクビクしています。

建物(木造)自体は、耐用年数をとっくに過ぎているのに、思っていたよりもずっときれいな建物でした。

そして、空室のドアの郵便受けは、ガムテープでがっちり目張りされていて、テープの上からマジックで「空室」と手書きされていたし、大家さんか管理会社さんがしっかり管理されているのかな?と推測しました。

 

外から見る限り、窓から段ボールとか見えていないし、レースカーテンがかかっているくらいなので、まあ、ものすごい汚くしている住人ではないような…。敷地内にゴミ置き場はないけれど、アパートにゴミも放置されていないし、地域のルールをちゃんと守る住人なのでしょう(希望的観測)。お天気がよいので、3割増しぐらいの評価かもしれませんが(^^;

 

熟達した不動産投資家の方なら、もっと色々な観点からみるのでしょうけれど…中古は初めての今の私の力で外観から分かったことはこのくらいでした。

 

さらに言うと、あまり物件周辺に長居していると周辺住民に見られて覚えられそうで怖い、という気持ちもありじっくり見られませんでした。そこがまだ肝が据わっていませんね。

 

「水路敷」って書いてある。立地など土地の価値はどうなんでしょう。

立地については、大きな道路から少し奥に入った場所で、大きな駅から徒歩圏内+バス停が徒歩1~2分のところにあり、便利そう。道路付けもよし。

ただ…地形が細長いうえに変な形をしていて良くありませんでした。さらにマイソクをよく見ると、「水路敷」と書いてありました。

 

水路敷」というのは、初めてみる単語でした。

分かる範囲で調べてみると、元々は官有地で水路だったものを、今は水路として使っていないということで、個人か法人が払い下げて(購入して)、そこにアパートを建てたと推測されました。

「水路敷」のイメージ。ブログ「水路敷を行く」から画像をお借りしました

 

元々水路で埋め立てられた土地ということは…地盤が緩い可能性があります。私は地盤を気にするタイプなので、これは大きなマイナスポイントです。

 

地形がよくない+水路敷(地盤が緩そう)、ということで、中古は初めての私が考えても土地の価値としてはイマイチです。

 

 

 

これ以上うごきません。

ということで、これは「物件を見る」という勉強材料ということで、これ以上動かないことに決定です。

 

ちなみにマイソクに記載されている売値は、積算価格の倍以上なので、もし万が一、マイソクに出ている売値の3分の1くらいの指値ができれば、買っちゃうかもしれませんが…(冗談です、初心者には難易度が高い)。

 

それにしてもよいお天気で、物件を見た後、あちこちフラフラと散歩しながら帰りました。平日の真昼間に、こうして気になる不動産をみながらお散歩できるなんて、我ながら贅沢な過ごし方をしたものだと思います。

 

※投資は自己責任でお願いします。
ぽちっと応援クリックをいただけたらうれしいです。 更新の励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ