F335/ミミコログ!

資産形成・投資(不動産・株)の実践記録・生活情報など。40代の情報発信ブログです。

博論を書いた先輩と。

いつもご訪問ありがとうございます!

先日、前職の職種が同じ先輩と1年以上ぶりにお会いしました。

 

 

 

 

先輩が「博士論文を提出した」と年賀状で報告してくださり、ぜひお話を聞きたい!ということでお誘いしたのです。

 

これまで先輩とはだいたい年に2~3回お会いしていたのですが、昨年は“たぶん博論を書いているのだろう”と想像して、お互いに会う約束をしていませんでした。

先日お会いするとやはりその通りで、「ミミコさんなら、(博論書いていてそれどころではないことを)分かってくれてると思って」と言われました。

 

私も研究者を目指していたので、博論を書き上げて受理されることの大変さはものすごく想像がつきます。さらに、過酷な仕事をしながらプライベートな時間に博論も書くなんて…想像しただけでぐったり…先輩、すごすぎます( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

先輩がどんな研究をしたのか、興味津々でお話を伺いました。

先輩は臨床家でもあるので、臨床がうまくいくためにある論文を見つけて、それを改善することから博論のテーマが決まったそうです。

先行研究はこうなっていて、ここが足りなくて、今回はこうした、こんな実験で、どこが大変だったのか、その結果どうなったのかetc…色々なお話から頭の中で論を組み立てていくのは、研究を離れた今でもやはりとても面白いです。

 

よく情報の点と点がつながる、と言いますが、私の場合はそうではなくて、頭の中でパズルがぴたっと組み合わさって論がぎゅっと濃縮されてすっきり!おもしろい!という感覚です。

 

先輩の研究の話や苦労話を聞いていて印象的だったのは、「研究を続けることはとても苦しいけど、人間らしい生活をすることを諦めたら楽になった」とおっしゃっていたことです。

もう悟りの境地ですね。

私も研究者を目指していた頃は、“人間らしい生活をしたい”と常に思っていましたが、このくらいの悟り・覚悟がある人が研究者として進んでいけるのだなと納得しました。

もちろん、苦しい中にたまーに喜ばしいことがあるのですけどね。

 

一般に、博士論文を書いても就職できないことが問題になっていますが、先輩の場合は、就職できそうな様子なのでよかったです。

 

就職したらしたで、さらに大忙しになるのでしょうけれど、またお会いして、マニアック&アカデミックな話題で盛り上がりたいです。

 

※投資は自己責任でお願いします。
ぽちっと応援クリックをいただけたらうれしいです。 更新の励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ