F335/ミミコログ!

資産形成・投資(不動産・株)の実践記録・生活情報など。40代の情報発信ブログです。

固定資産税の過払いの記事を見て思い出しました。

いつもご訪問ありがとうございます!

 

今日は昨日とうってかわって気持ちの良い快晴です!

陽の光があるだけで嬉しい( *´艸`)

 

目次

 

 

 

「固定資産税、過払い頻発」の原因は複雑な評価の仕組み

昨日の日経新聞に、固定資産税の記事が載っていました。

税金の話は、敏感になりますねぇ。

 

 

記事によれば、東京23区と20政令市の固定資産税の還付は、18年度で14万4500件だそうです(横浜市・広島市を除く)。

内訳は、納税者の勘違いによる二重払いなどでの還付もあるそうですが、行政によるミスも少なくないとのこと。

 

ミスの原因は、固定資産税の評価の時に、建物の建材一つ一つを評価する複雑な仕組みにあるそうです。

 

 

 

膨大な資料を送ったことを思い出しました

税金を払う立場としては、ミスしないでちゃんと評価して~と言いたくなりますが、この記事を見て、新築アパートの建築資料を送った時のことを思い出しました。

 

新築アパートを建てて暫くした後、地方自治体から、「固定資産の評価をするから建てた建物についての資料を一式送ってください」という通知が届きました(現地に立ち入れる場合は資料は不要らしいです)。

その必要な資料というのが、とにかく「膨大」!!

…平面図、建築設備一覧表、外装・内装の仕上げ一覧、矩計図などなど…

 

オーナーである私も、もう見たくないくらいの量・細かさで、これを一つ一つ調べるのってホント大変だろうな~と思ったのでした。大変だからと言って、ミスをしていい訳ではありませんが、でも、私なら無理…(^^; 大変そうな仕事だと思います。

(しかも資料を送った数日後、資料が届いたというお礼?のご連絡までいただきました。丁寧すぎてびっくり)

 

この複雑な固定資産税の評価の方法は、海外では珍しいらしく、より簡素で分かりやすい仕組みに変えようという動きもあるようですが、道は険しいそうです。

 

支払う側からすると、もしや私も払い過ぎているのでは?と心配になります。

記事によれば、固定資産税の還付請求を指南するコンサルティング会社も沢山あるそうで、私も領収書を引っ張り出して確認した方がいいかもしれません。

 

 

※投資は自己責任でお願いします。
ぽちっと応援クリックをいただけたらうれしいです。 更新の励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ